ドッキリ企画での菊池風磨はマジでおもろい。

どーも、ライターのはなまるです。

菊池風磨は赤西仁の成り損ない

Sexy Zoneの動画をYouTubeで見ていて、「菊池風磨は赤西仁のなりそこない」というコメントを見た。これほどまでに、この男を完璧に形容した日本語があっただろうか。

ウルフヘアにスかした態度、アスファルトぐらい軽く蹴り飛ばせます、退屈な夜にはドロップキックかまします、と言わんばかりのオラつき方。まさに態度だけ見れば、赤西仁だ。そう。態度だけ。

そんな男のなりそこない。菊池風磨。

だが、このなりそこないというコメントには、続きがある。

「赤西仁のなりそこないかと思っていましたが、違いました。」

そう。彼は赤西仁のなりそこないではないのだ。もちろん、初期の彼は完全に成りそこなってる。赤西仁を100点だとすると、菊池風磨はマイナス2億だ。

Mildも地球の裏側だと、wildになるなどとのたまっていたが、彼が地球の裏側でも表側でも、赤西仁になれることはなかった。

なぜ菊池風磨は赤西仁になれなかったのか

まずはグループ名だ。Sexy Zone。TOEICの点数が2億点の俺が直訳すると、エッチなゾーンみたいな感じだ。デリケートゾーンとはたぶん友達だと思われる。

完全にグループ名が下ネタだ。〇ックスがスペル内に入ってるからな。ジャニーズじゃなかったら、テレビ出られない。それに比べて、赤西が在籍していたKAT-TUNとかもう、名前が強そう。名前がカッコいい。キンプリとかもう、名前のまんま。王様と王子様。

その意味でSexy Zoneは名前で既に負けている。まさか数年後に水着が破れて、菊池風磨本人のSexy Zoneを晒すことになるとは思わなかっただろう。

グループ名からすれば、ダンディな色気ムンムンのV6リーダー坂本くん、森田くん、すべてを台無しにする城島リーダーみたいな、セクシー路線の構成で来るかと思いつつ、

まさかの

・王道のイケメン佐藤勝利

・握手会オバケ、セクシーをまき散らす中島健人

・名前までカッコいいマリウス

・クラスに似たやつがいた気がする松島くん

・赤西仁の成り損ないこと菊池風磨

というまさかの若手の構成。佐藤勝利ってデュエルマスターズ強そう。絶対こいつは火単体の速攻デッキ。切り札はボルメテウスホワイトドラゴン。

一時期は3人とその他2人というキスマイオマージュの構成だった。キスマイみたくグループを2分割していくのかと思ったのだが、マリウスはブサイクじゃないので、キスマイ路線は無理だった。マリウス1人で舞祭組なんて消し飛ぶ。宮田君とか、マリウスみたら消し炭よ。

北川、お前は舞祭組側だろ。調子乗んな。

むしろSexy Zoneでブサイクを結成すると、菊池風磨がギリギリ入ってしまうんではないいかと不安だ。。

なんで、マリウスってあんな扱いなのかね。顔面だけ見れば、クソカッコいいし、若いときもめちゃめちゃ可愛いやん。

赤西仁はバラエティで「許せない!」とは言わない

さあ、彼は現在、あこがれていた赤西仁みたいになれているのだろうか。皆さんの予想通り、答えはNoだ。赤西仁がバラエティで全裸になって、許せない!などというとは思えない。

だが、そんな彼だからこそ愛おしいのだ。彼が理想としていた赤西仁に慣れているかは分からない。少なくとも、俺が見るにはなれていない。俺が考えるに赤西仁とは違う方向に駆け上がっているのではないだろうか。

菊池風磨がEternalとか歌ったら、たぶん耐えられずに笑いがこみあげてくる。Real Faceは絶対止めろ。舌打ちとかマジで止めろ。腹がよじれる。

一体何が彼を面白くしているのだろうか。この動画にすべてが詰まっている。

イキっている。イキっているという言葉が一般的になる前から彼はイキっている。いやダメだ。イキっているという言葉ではなぜか彼を完璧に表すことができない。イキリが俺をぶん殴ってくる。

小田和正風にいうと、嬉しくて嬉しくて言葉にできない。

やっぱ顔では?赤西仁になれないのはそこなのでは?

別に菊池風磨がブサイクなどというつもりはない。最近のセンターパートにしている彼はカッコいい。別にカッコいい。赤西仁に俺も憧れていた。Keep the faithの時の白黒のニット買ったぐらいには憧れていた。なんだろう。

彼を一言でいうと、可愛いのだ。

やっと見つかった。探してた言葉はこんなに近くにあった。女子が多用する可愛いと同じ感覚だ。

えー!ピカチュウ可愛い!

えー!タピオカ可愛い!

えー!ひふみん可愛い!

うるせえ。タピオカは許せても、ひふみんは可愛くねえよ。

過去は赤西仁のモノマネをしていただけの彼だが、それがいつの間にか可愛い菊池風磨になっていた。彼のパフォーマンスはもう、一周回っておもしろい。ドッキリ番組での彼の活躍に期待。