【日向坂46】ひなあいが異常におもしろい理由を本気で考えてみた

オーナーのryuです。

「アイドルって、顔がかわいければ誰でも売れるでしょ笑」

2年前、日向坂46にハマるまでは本気でそう思ってた。

実際、売れてる人はみんなかわいいしな。逆に可愛くないアイドルとか希少種やろ。まなふぃ?いや、今個人名挙げてないからやめな?それってあなたの感想ですよね?

けれど、顔以外の魅力があるとアイドルって存在はより一層魅力を増すんだなと教えてくれたのが、『ひなあい』でした。

理由1:みんな笑いに貪欲!前のめりな姿勢が◎

『ひなあい』でイスに深く座ってる人っていなくね。

いつどんなフリが来ても応えてみせるぞという強い意志を感じる。時にはすーじーみたいにかかりすぎちゃうこともあるけど、そんな前のめりに頑張る女の子応援したくなるやろ。

逆に、キャプテンとかとしは小慣れた相槌をうつために若干深めに座ってるイメージある。それはそれでよき。若手芸人だけの現場より中堅芸人の余裕も混ざることで一層メリハリがつくよね。

理由2:そもそも企画が優秀!

先日、乃木坂46のヒット祈願をdisってしまったのだけど、あれって企画自体が悪い説ある。メンバーは台本に従って精いっぱい頑張ってたと思うし、千葉推しし過ぎた企画者が悪いよ。メンバーは悪くない!だってかわいいもん!

それに比べて、『ひなあい』の企画は“アイドルらしいことをしない”って気概を感じるよね。しかも、“アイドルらしいこと”をしたらしたでファンが待ち望んでる二段構え。つよい。

「アザトカワイイ」の発売記念企画とか、面白さ×かわいさが噛み合った最高の企画だったでしょ。あれからKAWADAさんにハマったもんな。パンダの被り物かわいい。

しかも、平場のトークで結果を残すのって難しいけど、企画自体が面白ければその波にのるだけで見せ場を作れるわけじゃん?

お笑い芸人じゃないアイドルを面白い認識してもらおうと思ったら、やっぱ企画の腕の見せ所よな。いつもありがとうケイマックス。

理由3:オードリーの絡み方が絶妙◎

正直、ナナマン>>オードリー≧澤部>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>つっちー位の差があるやろ。

バナナマンのバランスは長年の関係性に裏打ちされたものなので超えられないのはしゃあない。設楽さんが松村と裏でちゅっちゅしてたとしても、「え、なにそれ設楽さんそうやったん尊い……」ってなるもん。現実はヒカルとちゅっちゅしてるわけだが。今からYouTuberになってまいやん捕まえようぜみんな。

とはいえ、オードリーの推しながらもそっけない態度もいいよね。

若林さんも春日も最近の収録楽しそうやもんな。ひよたんとか高本とかが前に出れるようになったの喜んでそう。そりゃ『あちこちオードリー』で泣きエピソード語るわけだよ。

かとしが若林さん推しなのはギャグ感強めになりすぎてあれだけど、高本とかおすしが推してもらおうと頑張ってるところとかめっちゃ好き。「何この子たち健気ね~~しゅき」ってなる。シンプルに高本彩花の顔が好きなのもある。あの顔まじでセンター張れるやろ運営さん頼むよぉ。

理由4:テロップ制作者の愛がマリアナ海溝

まじで尊敬してる。外番組含めてメンバーが出演している全番組見てるでしょあれ。

これに関しては46の冠番組全部同じことが言えるけど、制作から愛されてる現場っていいよな。

実際、自分が働いてて思うけど、全部の案件で全力出し切るのって無理じゃん。思い入れの差はあるし、嫌いな取引先の仕事とか鼻ほじりながらしかできない。もはや鼻ほじってる方が楽しい。え、人間ってこんな深くほじっていいんだっけ……とか考えながらにやにやしてるもんな。

理由5:メンバー単位で魅力を発揮!

1期は前のめり、2期は色とりどり、3期はフレッシュみたいな代ごとの差別化がされてないよね。

メンバー全員が日向坂46らしさを体現している。1人ひとりがキャラ立ちしてる。これって狙ってできるものじゃないから、きっと個性を出せる環境が整っているんだろうな。キャプテン、オードリー、制作の方々……大人が役目を果たしているからこそのいい雰囲気。うちの会社も見習ってほしい。

まとめ:4期生もきっと楽しめる環境

そんな環境でこれから活躍する4期生まじで羨ましい。

小坂やひよたんが休止中のときも物足りなさこそあれど、雰囲気の良さは変わらなかったし。きっと中心人物のべみほが卒業したあとも『ひなあい』は面白いんだろうな。寂しいけど。㋳を生み出した天才がいなくなるなんて……またがおーってやってくれよ……

Follow me