日向坂46の2期生って正直なんであそこまで有能なメンバーが集まったか謎だよなって話

どーも、ライターのはなまるです。

よくけやき坂の2期生になろうと思ったなって話よ

いや、分かるんだよ。乃木坂3期生とか、欅坂2期生とかにいいメンバーが入ってくるのは分かる。それは誰だって株価が急上昇してる株があったら、金持ってれば買おうって思うし、ほぼ上がるだろっていう株があれば中国人のごとく爆買いするよ。

何が言いたいかってのはわかってもらえると思う。乃木坂3期生のオーディションが実施されたのは2016年の夏。時期的にはhey!を連呼しながら、布を高く掲げてる時期。

まさに乃木坂がスターダムの階段をフェラーリに乗って爆走していた時期。もう、階段という概念を無視して車に乗って走ってた。マジ走れbicycleどころの騒ぎじゃなかった。

それは乃木坂に入るよ。ぶっちゃけた話、乃木坂に入りさえすれば、ほぼほぼ成功が見えてたんだから。もう、まさに第二次大戦末期のソ連。終戦の1ヶ月ぐらい前になぜか日本に宣戦布告しましたみたいな感じ。

もう、負ける要素ない。もちろん、乃木坂に入ってからどうなるかなんていうのはまさに神のみぞ知るだけど、沈みかけた泥舟じゃなくて、最新鋭の装備に原子炉まで兼ね備えて、単独潜水も可能な超ハイスペックな空母みたいな感じだった。当時の乃木坂の勢いはそれぐらいあった。

まさに破竹の勢い。竹どころか鉄の塊でもなんとかぶっこわせそうなぐらいの勢いだった。

欅坂2期生もそれに近い。坂道合同オーディションで選ばれたとは言っても結局本人が欅坂を希望したんだから結局は欅坂に入りたかった。2018年の3月らへんだったはずだ。欅共和国というか平手王国なためそこでトップになるのはかなり難易度が高いと思うが、戦う相手が強い方が燃えるタイプ、もしくはうまい汁をすすりたいタイプなんだろう。サイレントマジョリティーのような衝撃をもう一度与えられるかどうかはある意味平手次第だが、欅をチョイスする理由はわかる。

なんであんだけ有能な人材が集まったのか

そう、ここで本題に入りたい。なぜ、日向坂2期生。もっと正確な表現にするならけやき坂2期生。彼女たちはあそこまで当たったのか。いや、過去形で表現すること自体がもう失礼かもしれん。ここまで、彼女たちは当たっているのか。もっというならなぜあの時の状況でけやき坂をチョイスしたのか最大の謎だ。

合格メンバーは金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂の9人。豪華すぎる。豪華すぎてこの字面を見るのにサングラスを二重に重ねる必要があるレベルだ。まさに、現在の日向坂の中心メンバーのほとんどがいる。というか、各坂道メンバーのまあや的なポジションのやつが誰もいない。これがやばい。

運営が本気を出したらこんなもん

運営の本気度が伺える。これは正直あると思う。想定以上に平手をセンターに置いたダークな欅坂が世間に突き刺さった。もう、これでもかというぐらいに刺さり、世間を貫いた。逆に言えば、世間の欅坂46=平手友梨奈がセンターの世間を風刺するというイメージがついてしまった。風刺どころかもう、ナイフで突き刺しまくるマジックボックスみたいになっているが。

欅坂がある意味運営の想定を超えて、売れすぎたというのはあったと思う。そのためにけやき坂46を作った。欅坂は欅坂であのままでも十分だけど、乃木坂とも欅坂とも違うグループを作ろうという意図があったんだと思う。

そしてある意味ひどい言い方になるけど、けやき坂1期生だけだとその力が足りなかった。だから、本気で募集して、本気でオーディションをした。その結果がけやき坂2期生。運営の本気度が伺える。

乃木坂2期生の選抜オーディションのときはなんだあれか?ソニーの人事部がオーディションしたのかってレベルだったし、そのあとの売り方も1期生を売り出したいのか2期生を売り出したいのかわからないどっちつかずな中途半端な采配だった。

色々長くなったけど要約すると「欅坂とは違うグループを作りたかったから運営が本気でオーディションを実施した」ってこと。サッカーとかでもあるだろ?結局、枠は限られてるからある意味有能な人材をたくさん登用しても試合には出れないってやつが出てくる。そういうやつが出てくると、乃木坂みたく選抜とアンダー分けて対処するか、欅坂みたく圧倒的な存在のその他大勢にするか。もしくは別に箱を作ってそこに入れるか。

その結果が日向坂というグループの独立だったんだと思う。

おそらくだけど、芸能経験者もそれなりにいるはずだし、プロダクションに働きかけてた可能性も十分にある。ってかそうでもしないとここまでのメンバーは絶対に集まらない。むしろ完全素人でやりきった結果が乃木坂2期なんだからわかるとわかってる地雷を踏みに行く無能な運営は流石にいない。大人たちの金に対する執着を舐めたらいけない。

どのメンバー見ても子役経験者とか芸能経験者って多い。最たる例は齋藤飛鳥だってそうだし。まあ、そこらへんの根回しも徹底的にやったんだと思う。

メンバーがチャレンジャー精神に満ち満ちてた

あとは単純にメンバーが変わり種だった。

これもまあ考えられる。なぜあえて、乃木坂というグループやノリに乗ってた欅坂じゃなくけやき坂を選んだのか。一定数こういう人はいる。大企業よりベンチャー企業に行きたがる人、地方の国立大じゃなく、東京の私立大学に行きたがる人。

ただ、変わってる。いくら長濱ねるがいたとは言っても、あの当時のけやき坂にあえて入ろうってのは割とチャレンジャー精神が必要だったと思う。3割ぐらいこのパラシュート開かないけどスカイダイビングしてみてよとかと同じレベル。

ただ、やっぱりそれなりに2期生にはポストが用意されてたと考えるのが妥当だと思う。現に今そうなってる。さすがにオーディション段階でそこまで決まってたみたいに言い切るのはできないけどな。

それでも2期生が成功するというのは歴史的におかしい

逆に考えれば、運営は欅坂2期生を中心にして日向坂というグループを作ろうとしていたって考えることもできるし。

やっぱりそれぐらいに異常。2期生がこれだけ人気なのはやっぱり異常だと思うんだ。考えて欲しい、2代目JSB2代目火影、ルイージ。

もう確実に2番目って大抵失敗するって歴史が証明してきてる。それなのにここまで成功してる。帰納法的に考えれば確実に失敗するはずの2期生が大成功を収めている。おかしい、これはやはりおかしい。

運営の力の入れ具合が異なるわけだ。やはり大人の力はすごい。ソニーの本気を舐めたらいけない。上場企業の力を舐めたらいけない。

やつらが本気で売ろうと思ったら多分そのへんに落ちてるコーンとかでも売れる。超有能なマーケティング部隊と営業部隊、そして札束で愛撫すればすべてが終わる。世の中にコーンのCMが溢れかえり、YouTubeでも定期的にその広告が流れてくるだろう。

それぐらい大人が本気になれば、売れないものなんてない。だって考えてみろ。ポテチって、ただのイモだからな。あれを年間何億とかで売り上げてるのやばくないか。ただのイモをそのレベルで売り捌けるやつらが本気出せば可愛い可愛いアイドルなんて売れる。

言い方は悪いけど、多少ブスでも秋元康とソニーが全力で援護すれば売れる。パーティの自分以外のレベルが99みたいな感じ。自分はひたすら防御一択。他はすべてやってくれるぐらいの感覚。その2つが本気出せば、俺が今からデビューしてもMステ狙えると思う。

もちろん、日向坂2期生を否定するつもりはないし、彼女たちの大ファンだ。彼女たちが来いと行ったら火星にでも出向く覚悟はある。

彼女たちが食えと言ったらホウレンソウ以外は食う。それぐらいの固すぎる覚悟はある。だけども、やはり2期生にこれだけの人材が集まったのは、最終的には運営が本気を出したからだと思うわけだ。

芸能の世界に片足の親指だけ突っ込んでる俺からみなさんに本日伝えたいのは1つ。ソニーが本気出したら、クラスのブスでも歌姫にできると思う。

結論、日向坂関係ねえじゃねえか。

以上