“ラブリーサマーちゃん”とお話しするのが夢

ryu’sへようこそ…オーナーのryuです。

最近、自分よりも年下の人間が「若き天才ミュージシャン」とか「期待の若手女優」と紹介されることが増えてきました。ryuです。泣ける。そういう人って年齢で判断しなくても十分に凄い人ばかりです。

今日はそんな若き天才を涙ながらに紹介したいと思います。

“ラブリーサマーちゃん”はピチピチ

ラブリーサマーちゃん“です。1995年7月29日生まれ(23歳)

「若くて多才で素直、可愛くて優しいピチピチロックギャル」というキャッチコピー通り、若い。多才。素直かは知らない。

ラブサマちゃんのバックバンドでBa.右田眞が弾いているということで聞き始めました。右田眞を知らない?”ayuttahya“を聴いてください。

ラブリーサマーちゃんの魅力は、彼女の音楽の幅広さです。1stアルバム「LSC」を聴いてください。

Spotify

LSC, an album by Lovely Summer Chan on Spotify…

USロックな「Part-Time Robot」、UKロックな「僕らなら」、邦ロックな「ベッドルームの夢」等のロックサウンドから「私の好きなもの」のような打ち込みサウンドのラップ調まで何でもあり。ジャンル分けなんて無粋だとでも言いたげなごちゃ混ぜ感。

Echobelly、blur、Owsley…出てくる名前だけでも興奮できるのに、語っている内容もたまらない。これはもうインタビューの皮を被ったオタクトークですよ。

このインタビューで好きなのはブラーとオアシスどちらが好きかと聞かれて

うーん、どっちかな。だいたいオアシスとブラーって得意分野が全然違うじゃないですか。私としては、どっちの得意分野も自分の音楽の中に取り入れたいです。

と答えるところ。盲目的じゃないんですよね。良い意味でフラットな視点を持っていて、その上で全部取り入れる貪欲さを持っています。

彼女のTwitterが最高なんだ

何この人、お友達になりたい…。何でミラーボール持ってるの…。

音楽をやっていれば楽しいだけではいられないと思います。理解されない、売れない、自分の理想と現実…苦しいことの方が多いかもしれない。

にも関わらず、彼女は「自分の曲最高!」と踊ってくれる。音楽をやっている人にこそこのツイートは響く。美しいだけでない世界を美しく見せてくれる、こんな人が売れてほしいな。

そんな音楽の話は知らないよって人もフォローしてほしいです。ツイートの内容が大学の友達みたい。ラブサマちゃんを尊敬している僕も、普段は勝手に友達だと思っています。

ミュージシャンが単位の話をするなよって言いながら笑いたいし、好きな音楽の話をして分かる!分かるね!!分かるよね!!!ってなりたい。

ラブリーサマーちゃん“とお話しするためにもryu’sを頑張りたいのです。