オーシャントリコって種類多すぎない?オススメは?

どーもライターのはなまるです。本日はオーシャントリコって結局使えばええねんというお話。
そもそもオーシャントリコってなんやねんという美意識が脳内から抜け落ちているメンズにはヘアセットの重要性から語らねばならんな。

人間って心理学的に第一印象で8割ぐらいを決定するらしい。つまりだ、外見の大体の要素を決める髪型をセットするということは非常に大切なことなのだよ。

ワックスを使ったらモテるようになるかと言われれば、それは知らん。だがな、使わなくてもモテるようなイケメンならそもそもこのサイトに行きついてすらいない。

このワックス「オーシャントリコ」は皆さんご存知超有名メンズサロン「OCEAN TOKYO」の三科光平氏が監修し、作り上げたワックス。

現在1500円×6種類で9000円。全部揃えようと思ったらまあまあの価格。特にターゲットが高校生やら大学生向けであること考えれば、普通に高い。


でもね、普段は辛口レビューの俺も認めざるをえないクオリティの高さなんだよ。
溢れ出るOVRE DRIVEのこじつけ感。しかしながら、意外とスペックの高いオーバードライブさん。タイトルからどんな感じになるのか想像できない。


さらには、頭文字から仲間はずれにされてしまった。シャインオーバーなどなどを揃えるOCEAN TOKYOが発売したワックス。

マジで日本一売れてるワックスだと思う。ギャツビーやらウノ、デューサー、ナカノやらあらゆるワックスが闊歩していたけどこれの登場でまじでワックス最強論争に終わりが告げられたってレベル。

群雄割拠の戦乱の世の中だったメンズワックス界をまたたく間に席巻。まずOCEANと仲良かったデューサーを瞬殺。その後ナカノも瞬殺。ギャツビーさんなんて戦う前にポツダム宣言を受諾。

戦乱のメンズヘアワックス界の天下統一を果たしたまさにキングダム。

だがコイツらの欠点はやっぱり複数あることなんだよ。まあ、確かにマットな質感とツヤ感は相反するものだから1種類になるとは思ってなかったが、まさか5+1種類も出してくるとは。

やっぱりOCEANが売り出したっていうのがでかい。もっと厳密に言えば三科光平が作ったってのがでかい。まさにメンズの美容師のトップガン。日本一有名なんじゃないかってレベルの美容師だし。

イチローが監修したバット、メッシが監修したスパイクが発売されるみたいな感じ。

三科光平に関しては、少なくとも髪型にちょっとでも興味がある人なら絶対に知っとかないといけない。就活するのに伊藤忠知らない、サッカーしてるのにメッシ知らない、バスケ好きなのにレブロンしらない。みたいなもん。

美容系Youtuberでもトップクラスの人気だし、まずあの顔面がやばい。0:00で俺のセットよりカッコいい、0:00ですでに完成。とかってコメントがあふれかえる動画。しかしながら間違いない。大抵のメンズのガチガチセットを一瞬で凌駕するノーセット。

やっぱイケメンってずるい。顔面偏差値という名の暴力でブサイクを駆逐してくる。さらにセットもクソ上手い。謎のアイロンワークからのセットはまじで芸術。セルフセットって極めればそこまで行けるのか。

はい。とりあえず全種買っちまったOCEAN信者の俺がレビューしてやりますよ。

ワックス紹介

OVER DRIVE

O。オーバードライブ。どう考えてもネーミングはこじつけ。いやね、まだ他のワックスはネーミングでどんな感じなのか想像できるのよ。でもね、こいつはもう意味わからん。ジュディマリやん。夏の匂い追いかけてるのかよ。

セット力の高さの設定ゆえに売れてる。セット力の高さだけがワックスの魅力だと思い込んでる中学生と高校生が初見で買うのはこいつかクレイ。バサバサした感じを出せる的な触れ込みだから、無造作系が好きな人達に売れてると想像。あんまりセットしてる感、ワックス付けてる感が出ないのがこれの特徴。波打ちとの相性バツグン。混ぜるならクレイかな。

伸びも良いクリームタイプのワックスなんだが、割と引っかかる。クリームなのにこんなに引っかかるのかっていうレベル。

CLAY

C。クレイ。これも大人気。デューサー6番の洗い落としを良くして、あの匂いをトリコの匂いにしたって感じのワックス。セット力は強くて結構ガッツリ束感出る。

立ち上がらない泣とか言ってるドライもまともにできない、自分のセット力の無さを髪質のせいにするメンズたちに大人気。立ち上がらないのはお前のセットが悪いからな。ワックスのせいにすんなよ。
安心安全のスペックで3割30本を常に出してくるタイプ。2箱使い切った。

EDGE

E。エッジ。なんともどっちつかずなやつ。あんま使ってないから終わり。スタメンから外れて今はベンチ外にいる。こいつが多分スタメンに返り咲くことはない。っていうかよく考えたらこいつがスタメンになったことなかったわ。マットとクリームの中間みたいなワックス。オススメできないからリンクは貼らない。

AIR

A。エアー。クレイやオーバードライブのおかげで存在感もエアーだが普通に使いやすい。最近のスタメン。万能。適度に固くて使いやすい。束感出せるし、ナチュラルセットもナチュラルよりいけてしまうという皮肉。

NATURAL

N。ナチュラル。売れてないのはモデル小南くんの髪型がナチュラルすぎるせいも確実にあると思う。束感が命の時代に発売された可哀想な子。生まれてくる時代を間違えた。でも、最近はナチュラルセットの流れが来てるから売れるはず。ファイバー入りということもあり、意外とセット力は意外とある。が重いため、すぐヘタる。クレイと混ぜて使う前提で作られたんじゃねえかと思うレベルでクレイと仲良し。

シャ、シャインオーバー

シャインオーバー。なんか容器がシャインオーバーしてるし、ワックス自体もシャインオーバーしてる。濡れ髪セット、ツヤ感を出したいセット向け。

だけど正直、セクシーな感じにしたいならグリースかジェル自体を使ったほうが絶対良い。あんまり、濡れ髪セットしないってのもあるけど。

そもそも、アイロンで濡れ髪にカール作ろうとするのが間違ってるわ。パーマかけろ。ブリーチ毛は濡れ髪でのカール感あるセットは諦めろと言いたい。

結局どれ買えばいいんだ


どれか一個だけ買えって言われたらクレイ一択。濡れ髪っぽいセット以外はこいつだけでいける。ベリショーみたいな髪型は知らんが、マッシュならこいつだけでカバーできる。束感も行けるし、ちゃんと押さえつければナチュラルセットも行けるという最強っぷり。
欠点を挙げるとすれば洗い落とし。デューサー6番よりは良いとはいえ、マットワックスなだけあってリンス+シャンプー2回はしとくべき。

デューサー6番に関しては絶対落とせるかどうかの検査してないだろ。あれ、手についたワックスがまず落ちねえもん。

とはいえ、軟毛にはかなり使いやすいのがデューサー6番。

オーシャントリコだけを最強だと思っていないか?

確かにオーシャントリコって最高のワックスなんだよ。でもね、もちろんそれ以外にも優れたワックスってあるんだよ。それもついでに紹介しとく。

LIPS L08マットハードワックス。

みなさんご存知リップスのL08。軟毛でも使える高いセット力と馴染みやすさ。正直ブラストワックスはめちゃめちゃ引っかかるし、束感に全フリしてるけど、これはそういうのが無くてかなり使いやすい。特にパーマをかけてる人には最高に合う。

混ぜるとか考えずにこれだけでいける。俺が1箱使い切ったレアなワックス。洗い落としがいいのもポイント。

もし、トリコのクレイが合わないなと感じたら他のトリコを買う前にこれを検討してみてってレベルでオススメ。

ある意味クレイより引っかかりがない分。こっちのほうが合う人のほうがいるかもしれない。

パーマを掛けてた時期はこれをずっと使ってて、スタメンの1〜9番みんなこいつだった。浮気せずに、ずっと使い続けたのはこいつだけだったかもしれない。最も記憶に残ってる最高の元カノだったぜ。

まとめ

結局、オーシャントリコって最高のワックスだと思う。三科光平すごい。

それでもそれだけが最強で他はダメ。みたいな見方はズレてる。ぶっちゃけ言っちゃえばカットが良くて、アイロン上手ければ100均のワックスでもいけなくもない。

ま、トリコ使うと戻れんけどな。