【ツイキャス初心者必見】配信1ヶ月後のリアルを暴露!雑談配信・ゲーム配信…どっちが集客できる?

ryu’sへようこそ…オーナーのryuです。

「配信を始めたいけど何からすればいいのか……」
「配信始めたばかりだけど一向に同説が増えない……」
そんなお悩みをお持ちのあなた、必見です。

オーナーのryu、『黒岩るい』名義でツイキャス配信を始める

APEXにはまること1年。
最初は右も左も分からないど素人だった僕も、今では多くの配信者のチャンネルを飛び回るゲーム好きに成長しました。

「僕も動画配信やゲーム配信をしてみたい!」
その想いから、まずはデスクトップPCを購入しようと物色。
まじで知識ゼロの状態から調べまくったんだけど、大体以下を守れば問題ないらしい。(2022年1月時点)
◆CPU:Core i5-11400F以上
◆メモリ容量:32GB以上
◆M.2:SSD512GB (NVMe)
◆グラボ:GeForce RTX™ 3060

ゲーム配信をする上では申し分ないスペックを求め、
MouseのG-Tune HM-Bを購入。

注文から発送まで1ヶ月程度。
待ちに待ったPCは黒人モノAVに引っ張りだこのマイケルの瞳くらい鋭く黒光りしていて大興奮しましたよ。えぇ。

あとはモニター、マイク、オーディオインターフェースとかかな。
こだわりのある人はヘッドフォン、マウス、デスク、ゲーミングチェアを買うのもおすすめ。

▼僕が実際に購入したもの

ツイキャス・You Tube・Twitch…どれを選べばええねん!

結論から言えば、配信はツイキャス動画投稿はYou TubeかTikTokがおすすめ。
ただ、自分のやりたい配信のジャンルによって進むべき道は大きく異なるので注意してほしい。
(正直僕もここで道を踏み外した感じする)

それぞれの特徴を下記にまとめていくので熟読しておくれ。

雑談配信初心者はツイキャス1択!

ユーザー層の特徴:イケボ・カワボ配信者を求めるミーハー集団
おすすめ配信方法:雑談

実際にイケボ・カワボかどうかはさておき、
吐息混じりの声で「初見さんいらっしゃい(ねっとり)」って言っておけばコメントしてくれる人が多い。
ファンが1人もいない配信者でもとりあえず見に来てくれるので、
貴重な視聴者の心をわしづかみにする声で甘い言葉をささやくんだ。

「あれ、こんな甘い声出すタイプの配信がしたかったんだっけ?」
とか考えてはいけない。
まずはファンを増やし、徐々にオリジナリティを出していき、自分のしたい配信を実現するんだ。

「音楽を続けるために売れる曲をつくり、自己表現はアルバムにこっそり忍ばせる」
って国民的アーティストのMr.Childrenも言ってたぞ。
やっぱ桜井さんいいこと言うなぁ。

ゲーム配信者はTwitchがおすすめ!

ユーザー層の特徴:ゲーム好きが多いものの、好きな配信者を見に行くガチ恋集団
おすすめ配信方法:ゲーム

You TubeとTwitchはまじで人が来ない。
基本的に『自分が好きな配信者を見る場所』であり、ツイキャスのようにミーハーな人は少ないね。

弱小ゲーム配信者が視聴者を増やしたいならツイキャスもなくはないけど、
雑談配信のほうが人気なんですよね……
声を売りにしたゲーム配信ならツイキャスでもいいかも。

「じゃあドブボイスな人はどうすればいいの?」
と涙目のあなた。めっちゃ気持わかるぞ。

同じ悩みを抱えるあなたにだけこっそり教えると――
ファンしか見に来ないなら、配信以外でファンを作ればいいんです。

You TubeとTik Tokでファンを増やすべし

実際問題、どれだけ面白い人であっても見てもらえないことには認知されないし、ファンになってもらえるはずもない。
だからこそ、動画投稿と配信のハイブリッドが重要になってくるわけです。

例えばAPEXのゲーム配信者として活動したい場合、大体売れる人は以下の3パターン。
◆リアクションがおもしろい人(だるまさん、きなこさん)
◆ゲームがめっちゃうまい人(Crylixさん、CHEEKYさん、Sellyさん)
◆情報系・裏ワザ系を教えたい人(渋谷ハルさん、ボブサップエイムさん)

正直ゲームがうまい人として売れるのは難しいね。
プロレベルのエイム力と実績があって、その上でキャラ立ちしてないと見てもらえない。

かと言って、おもしろさは才能ありき。
クラスの人気者程度のお笑い力では太刀打ちできない。

その考えで僕はAPEXの情報系動画を作り始めたわけですよ。
ライターやってる程度には言語化が得意で、売れるパターンの消去法からいくとこれしかなかった。

人気配信者への道はまだまだ険しいけれども、少しずつ歩み続けたいなぁ。
赤信号みんなでいっしょに渡ろうぜ。頑張ろうぜブラザー。

継続こそ力なり。めざせ毎日配信&毎日投稿!

ここまで読んでくれたあなたの熱意は本物です。
自信を失ってしまったかもしれないけど、今をときめく配信者もみんな同じ道を歩んできたことは間違いない。

毎日配信してファンを増やし、動画投稿がバズる日を夢見てGoogleの方角へお祈りし続けようじゃないの。

Follow me