YouTube徘徊は”にしな”を見つけるためだった

ryu’sへようこそ…オーナーのryuです。

今の時代は便利なもので、音楽を聴こうと思えばどこでも聴くことができます。

  • YouTube
  • Spotify
  • amazon music
  • テレビ

などなど、正直言って情報過多な位です。
このような現状、アーティストからすれば
「聴いてもらえる場所が増える」
その反面、
「対抗馬が多く、自分を見つけてもらえる可能性が低い」
というようになるでしょう。
今時ストリートミュージシャンは流行らないという反面、ストリートミュージシャンがいなくならないのは少数でも確実に聴いてもらえるからでしょうか。ストリートミュージシャンの是非を問いたいわけではないですが、これだけは言いたい。

本当に良い曲であれば勝手に広まる。

YouTube徘徊をしていたら、突然現れた新星”にしな”です。
単純なコード進行、MVが凝っているわけでもなく、本人と歌詞が淡々と映るこのMVは瞬く間に再生回数を伸ばし、今ではチャンネル登録者数も1万人を超えました。
なぜこんなに話題になったのか。答えは簡単です。

曲が良い。

歌声は力強さと不安定さが共存して、不思議と耳に残ります。
歌詞は煙草を吸う男と女の歌、見新しいわけではないですが歌いやすく覚えやすい。
アコギ1本でエモーショナルに歌う姿はチルな曲ばかり聴くようになっていた僕にはたまりませんでした。
今流行っているジャンルはHip HopだR&Bだとか、チルくて深く考えずのんびりノれるような曲をリスナーが求めるだとか、そのような小賢しい僕の見解を吹き飛ばすエモさ。

新曲も積極的に投稿しています。やはりシリアスな曲の方が似合う声だなぁ。チルな曲ばかり聴いている人にこそ、聴いてもらいたい。

”にしな”

にしな

にしな