メンズはパーマかけるぐらいならアイロン練習しろって話。

どーも、ライターのはなまるです。

正直、パーマをかけるかどうか悩んでいるメンズたちがいるかと思う。有名美容室は〇〇パーマとか言って頑張ってパーマをかけて欲しがっているのも強く感じる。子宮から出てくるときにパーマを全自動で頭部の一部にかけられた人たちからすれば、ある意味贅沢な悩みだとも思う。

天然パーマのやつって、ストパーかけてやらかすのを経験してると思う。そういうとこだぞ。自分の天然パーマを受け入れたくないっていうねじ曲がった根性のせいで、どっからどう見ても手作りの前髪が完成するんだよ。

ストレートパーマなんて不用意にかけるのはマジで止めとけ。人生の先輩からのアドバイス。綺麗なストレートにはならねえから。

はい。そこで本日はメンズが果たしてパーマをかけるべきなのかということについて話していきたい。

結論はもう1つ。「基本はアイロンで作れ」

もちろん、例外はある。つかむしろ例外の方が多い。だけど、基本的にはアイロンで作るべき。ぶっちゃけ、現在の流行りの髪型を作ろうと思ったら基本的にはアイロンで全部いける。だって、あれだろ。お前らがやりたい髪型って、アフロとかドレッドとかそういうのじゃないだろ。あれだから、マルセロとか久保田利伸とかそういうの目指してなかったらいけるよ。

大体アイロンで作れる。アフロをアイロンで作れるって人がいたらぜひとも仕事をやめて、サッカー選手か、メリーゴーランド回してくれ。

そうなんだよ。いわゆる特殊な髪型って言われるやつ。ドレッド、アフロ、あとはまあツイストも。それ以外ならアイロンでやれるからダメージと時間を考えるとパーマよりアイロンで作ったほうがいい。

ドレッド

ドレッドに関してはあれや。やりたいやつおらんやろ。ラッパーか美容師か、バスケットボール選手以外でおらんやろ。あとhydeに憧れてる人。日本の総人口の0.000000002%ぐらいだろやりたいやつ。そもそも美容室でもやってるところって少ないしな。

あとちなみにだけどああいうスタイルは日本人の髪質と絶望的に合わない。かなり硬い髪質の日本人があれやると結構あんまり長時間維持できない。髪の毛が柔らかい外国人向けのスタイル。そもそも、あれ日本の文化じゃねえだろ。だし、そもそも残念なことに俺はドレッドをかっこいいと思えるほどアングラの文化の精神に浸っていないのでわからん。hydeがやるからあのレベルで維持できてるけど、普通の人がやるのはマジで似合わないから止めといたほうがいい。

ってかそもそも思ったけどドレッドってパーマか。

マルセロ

アフロ。これもそう。多分だけどやりたいやつがいない。ようはクソほど強いパーマだから、アイロンでもできなくはないんだろうけど、たぶんプレートの幅がマジで2ミリとかで巻かないと無理だと思う。身近にアフロにしてるやつって知り合いで誰かと言われるとマルセロぐらい。

あれに関しては地毛説もあるしな。ドレッドと同じでああいうスタイルが普通って可能性が全然ある。そもそも、地毛天然パーマがデフォルトの外国人だから、特別なにかやってるって可能性も低いし。

ツイスト。これは唯一やりたいやつがいるスタイルだと思う。このスタイルは上のやつに比べるとアイロンでも作ろうと思えば作れる。ただいかんせん時間がかかる。本気でやろうと思ったら1日が30時間ぐらいいる。だからこれを毎朝やる時間がもったいないからパーマにした方がいいってだけの話。特別な日だけツイストにしたいけど、普段は波打ちとかでいいって人はアイロンのほうがいい。

かなり強くかかるから、一回かけると帰ってこれなくなる。少なくともナチュラルなセットはできなくなる。さらに言うなら1ヶ月とかそこらで取れないから、もう切り落とさないとダメなレベルになる。

もう、そこからはずっと同じ髪型でやっていくっていう覚悟があるならツイストパーマはかけてもいいと思う。ただ、若干でもナチュラルにしたいなぁという気持ちがあるならかけない方がいい。

艶髪カール

強めの艶髪スタイル。一時期の登坂広臣の髪型に近い。ツヤを出しながらカール感を出すのはアイロンだと難しい。これには理由があって、水分があるとアイロンでつけたカールはすぐに取れる。これが、パーマだとデジパを除くと水気がある方が強く出るから、ツヤを出したいってスタイルを日常的にやりたい場合はパーマはマストになる。ときどきでいいなら、アイロンでゴリゴリにあとつけて社員オーバーさんにお任せしとけばある程度の形にはなる。

https://www.instagram.com/p/Bs9lNjrHoiF/?utm_source=ig_web_copy_link

ただ、時間がかかることは覚悟しとけ。

特殊な髪型以外はアイロンで作れ

そう。色々書いてきた。上記の特殊系の髪型以外はパーマなんてかける必要ない。波打ちとか、束感セットぐらいならアイロンで十分。シークレットパーマとか俺が世界で一番いらないパーマだと思ってる。いや、バレないパーマってなんだよ。それならかけなくていいよ。打者にわからない変化球みたいな感じだよ。意味ねえから。

ちょっと変化してるんですけど打者にはわかりませんならストレートと一緒だからな。しかもすぐ取れるし。あれってようはクソ弱いパーマだから、バージン毛にかけると、マジで取れる人は1週間で取れるぞ。

せめて特殊系の髪型を除いてパーマをかけたいのであれば、強めにかけるべき。バレないようにとか、緩めでとかならかける意味ない。ミディアムぐらいの長さがあるなら緩めでもまあいいけど、普通のショートぐらいの長さなら、強め、もしくはグリングリンぐらいじゃないとコールドパーマをかけるメリットはない。

ゆるくてもまあ、デジタルパーマなら個人的にはオススメ。あくまで、個人の主観だけどな。

要約すると、アイロンを練習しろって話。

以上