音楽好きは今こそ「lute」を見るべき

ryu’sへようこそ…オーナーのryuです。

先日紹介した「TYPICA」皆さん利用しましたか?

この記事を書いているときに思い出したんですけれど、2年前位にYouTubeで「lute」が流行ったことを覚えていますか。

謎に包まれた「lute」

良い音楽に出会いたければ「lute」を見ればいい、そんな時代でした。高画質なMV、知らなかったミュージシャン、謎の企業「lute」という興味をそそられる要素に溢れたアカウント。それが「lute」でした。

「lute」の魅力は高画質高音質のライブ映像です。無料で見ていいレベルじゃない。構図や色、バンドメンバーの格好良さなど見るべき所が多すぎる。Ba.吉田一郎脱退ライブの映像まで見せてもらえるなんて、頭が下がって逆立ちするレベル。

余談だけれどZAZENはBa.吉田一郎の時が一番好きです。バンド全体の緊張感、リズムをジャストで合わせることにより生まれる刃物のような空間が好きでした。新Ba.MIYAになってからのグルーヴ溢れるサウンドも好きだけど、あの見てる人まで殺されそうな空気感が恋しいのです。

Gt.カシオメンが楽しそうなので何でもよくなった…。

「lute」、失速

ここまで僕らを楽しませてくれていた「lute」ですが、ある時から音楽の系統が変わっていってしまいました。

元々ヒップホップを取り上げること自体は多かったのですが、
流行時→ヒップホップ:その他=4:6
変化後→ヒップホップ:その他=9:1
位に大きくヒップホップ寄りになってしまったのです。

今にして思えば、世界の音楽シーンのヒップホップブームに寄せていたのでしょう。しかし、僕を含む多くの人が「lute」に求めていた音楽はバンド音楽・シティポップだった。

このギャップにより「lute」は下火になってしまいました。時々ライブ映像が投稿されれば見るかなという程度にまで信用がなくなってしまいました。

迷走し過ぎてドラマまで作っていましたからね。というかこの女優”inliving”じゃないか。センスはさすがの「lute」

「lute」、復活

しかし、最近の「lute」を見れば、「lute」の評価を改めることになるでしょう。

再びヒップホップ以外の音楽を取り上げているのです。そもそもセンスは良かった「lute」、ジャンルにこだわらなければ素直に良いと思える音楽ばかりです。ヒップホップにこだわらなくていいんだ、その他もくれ。

また、この1年で日本人がヒップホップを受け入れる土壌も出来上がってきました。「lute」がこだわるヒップホップを受け入れる日も来たのです。


元々センスが良かった「lute」、1回目のブームは時代へのマッチが大きかったでしょう。その上で、一度下火になってしまった。

その後も変わらず素敵なセンスで音楽を挙げ続けてくれたことで、今改めて「lute」はいいなと思えるようになりました。「lute」はずっと最高なんです。