なんで小坂菜緒がセンターに選ばれたのか理由を考察して見た

どうもライターのはなまるです。

さてさて、こないだ書いた日向坂46の記事に関連します。


俺の日向坂での推しメンでもある小坂菜緒。通称こさかな。本名「こ」「さ」「か」「な」「お」の最後の「お」を取っただけという、吉田はよっしーよりもさらにインスタントなあだ名だ。ちなみに、小坂菜緒を五文字変えると「イニエスタ」になる。こさかなという響きは本人の雰囲気とあっているし、個人的には好きだ。

彼女が日向坂46のセンターだ。

正直、これは意外な抜擢だった。別に小坂菜緒にセンターをやる才能がないとか、センター代われとか言ってるわけじゃない。丹生ちゃんをセンターにしろなんてこれっぽっちも思ってないぞ。思ってないぞ…。想定外だったという意味でもない。彼女にはそれだけの人気と華がある。ここで井口がセンターだったら、即運営に抗議の電話を1時間ごとに入れて、プリウスでアクセルベタ踏みでソニーに突っ込んでいたところだが小坂菜緒ならば納得だ。

ただ、これまでの坂道グループとはセンターの基準が違うなと思っただけだ。もっと厳密に言えば、1stシングルのセンターとしての基準が違うと思った。主人公に据える基準が変わったと思うのだ。例えて言うなら、今まではうずまきナルトのような存在をセンターに置いていた。だが、今回の小坂菜緒センターはうちはサスケをセンターに置いたような選択に思える。ロック・リーじゃなくて良かったよ。


これまでの48グループや坂道グループに代表されるAKB48や乃木坂46、欅坂46

1stシングルのセンターは前田敦子、生駒里奈、平手友梨奈であった。誰もが時代を作り上げたメンバーたちだ。最低誰か一人は知っているだろう。悟空、うずまきナルト、ルフィかのような豪華な並びだ。平手に関しては、DIO、シャア、ラウ・ル・クルーゼでもいいかもしれない。キラキラした表舞台のヒーローというよりはダークヒーロー的な側面がある。
二人セゾンの時のニコニコのてちも好きだけどね。

これまでの運営は最初のシングルで最も可愛いメンバー人気なメンバーを最前列センターに置くという采配を決してしなかった

AKBで言えば正直、前田敦子より可愛いメンバーはいた。ビジュアル面だけ考えれば篠田麻里子や小嶋陽菜をセンターにしたってよかったはずだ。ビジュアルだけでセンターが決まるならずっとぱるるでよかったし、まゆゆにやらせていても問題はなかったはずだ。

乃木坂にしたってデビュー当時のお見立て会で圧倒的に人気でビジュアルも兼ね備えていたのは白石麻衣であり、少なくとも生駒里奈が圧倒的1番人気というわけではなかった。

欅坂で言えば、ビジュアルを考えれば渡辺梨加、人気を考えれば今泉佑唯渡邉理佐でも良かったはずだ。少なくとも平手友梨奈が人気ビジュアル共に抜けていたわけではない

生駒がセンターに選ばれた時のオタクたちの反応はこれから戦争でもしようとしてんじゃねえかってほどの反発があった。たぶん、あの時のオタクたちで戦争してれば太平洋戦争で日本が負けることがなかったと思う。竹槍でB29を撃墜できそうな勢いだった。さらに、乃木坂のフロントの並びに対しても大きな批難の声が上がった。お前らみなみちゃんに文句言ってんじゃねえよ。可愛いからいいだろ。

欅坂において、平手がセンターに選ばれた際のリアクションはまたか…。という感じだった。生駒と同じショートカットで純朴そうな少女。都会の喧騒を全く知らなそうな汚れのない少女、それをまたセンターに据えたのだ。今思えば秋元康の采配ズバリだ。後半アディショナルタイムに入れた選手が、逆転ハットトリックでW杯優勝みたいな感じだ。

そんな批判の嵐、非難の豪雨、暴言の雨の中でも、前田敦子、生駒里奈、平手友梨奈は代表的なセンターになった

AKBでセンターといえばと聞かれれば、大島優子でも、指原莉乃でもない。歴代最高と言われれば、前田敦子の時代であろう。クラス中でAKB48で誰が好きかを話題にして盛り上がったり、ダンスを真似たり、まさにこの時代のAKB48は社会現象であった。まず48ってインパクトが凄いしな。48人もいるのかよ⁉️ってなるよ普通は。今では普通だけど。

乃木坂にしても歴代最多のセンターは西野七瀬だし、人気も西野七瀬と白石麻衣が二分していたと言ってもいい。ビジュアル面では白石麻衣が代表的なメンバーだ。今で言えば齋藤飛鳥が白石麻衣を抜き去りそうな勢いだ。たぶん、コーナーで差をつけられる気がする。

しかしながら、乃木坂ファンに言わせればセンターの印象が強いのはやはり生駒里奈なのだ。
彼女の卒業とともに乃木坂は少し変わった。乃木坂の1つの時代が彼女の卒業で終わった。センター最多は西野七瀬であったが、彼女を横で支える白石、橋下。後ろに控える生駒。その時代が終わり乃木坂は円熟期に突入した。

彼女の踊る制服のマネキンはやはり、他のメンバーでは出せない雰囲気があるし、太陽ノックはまさに彼女の曲である。齋藤飛鳥でも、白石麻衣でも、ましてや西野七瀬でも、神宮で見せた生駒里奈を超えることは不可能なのではないだろうか。無論、思い出に補正されまくっているというのもある。

インフルエンサーでも目を引くのは彼女だ。反対の意味で与田にも目がいく。

https://twitter.com/shingonogi/status/1102194664491298817


さてさてやっと本題に入れる。これらの事実を踏まえて、小坂菜緒という人物を考えてみたい。

彼女はやはり、オーディションの合格発表ですでにビジュアル面でほかを圧倒していた。さらに加えて15歳という年齢。草野球でピッチャーダルビッシュみたいなもんだ。他の日向坂2期生も逸材揃いだったのだが彼女はすでに完成されていた。痩せていたにぶちゃんも可愛い。

さらに冠番組での初出演でもスタジオのざわつき具合は他のメンバーとは一線を画していた。
ヤバイやつ入ってきた。みたいな雰囲気であった。草サッカーにメッシである。

それぐらい彼女のビジュアルには圧倒的な華がある。

加えて握手人気もある。ここが生駒里奈や平手友梨奈との大きな違いかもしれない。特に生駒の場合は握手の評価はお世辞にも高いとは言えなかった。あだ名つけてください。って頼んだひろしくんが「ひろしマン」になったのは有名な話だ。逆にセンスがある。むしろ、生駒が批判されていた理由はパフォーマンスというより握手だろう。パフォーマンスで彼女を批判する連中は少なかったように思う。

基本的に坂道グループは握手会人気が高いメンバーの序列が高くなる傾向にある。西野七瀬は握手会を極めたメンバーであるといえる。前田敦子に関しては詳しく知らないため言及できない。

指原莉乃にしてもバラエティのイメージも強いが握手会から這い上がったメンバーでもある。

では小坂菜緒はどうだろうか。彼女の1stシングルの握手会の完売状況は二次完売だ。握手人気は高いと言っていい。

丹生明里の一次完売に密かにガッツポーズをしたのはここだけの秘密だ。


つまり、小坂菜緒はデビュー時に前田敦子が、生駒里奈が、平手友梨奈が持っていなかったものをすべて持っているのだ。さらに坂道グループで初めてと言っていいほどに彼女がセンターになることに反対するファンが少ないのだ。
あれだけ生駒や平手を叩いていたファンはどこに行ったのだろうか?サイレントマジョリティーにでもなったのか。イエスでいいのか?

かつての乃木坂やAKBの時のように、他のメンバーのファンが小坂菜緒のアンチに回る数が極端に少ないのだ。ある意味小坂菜緒には勝てないという諦観を感じる部分もある。

それほど彼女は認められている。

日向坂に他にセンターになるべき逸材がいないわけではない。しかしながら、それほどに小坂菜緒の人気とビジュアルは圧倒的なのだ。いや、ドラゴンボールで強いキャラって誰?それはヤムチャ以外。
んじゃ最強は?それは悟空。みたいなものなのだ。クリリンが好きでも、天津飯が好きでも、孫悟飯が好きでも、最強は悟空ということは全会一致で可決なのだ。

いわば彼女はエリート街道を歩いてきている。いや、突っ走って来ている。いや、更に言えばフェラーリに乗ってエンジンに直噴してエリート街道を時速300キロ超えで爆走している。グループ随一のルックスに、人気も高い。さらに言えば関西弁とかいう最強の武器もある。


 

センターとは何なのか

スポーツで言うならば、キャプテンとエースは違う。という理論がこれまでの坂道グループのセンターたちには当てはまる。これまでのセンターたちはいわばチームを支え、引っ張るキャプテンであった。

生駒里奈は全力でグループを支えるために体を張り、声を出し、グループへの批難の声をその小さな体で受け止めていた。乃木坂のエースは誰か?と聞けば、西野七瀬、白石麻衣、齋藤飛鳥があがるだろう。ただ、乃木坂の象徴的なメンバーは?と聞けば、生駒里奈だ

平手友梨奈は圧倒的なパフォーマンスでグループを引っ張る。彼女は決してメンバーの中心に立って、声を出して、盛り上げていくタイプではない。その圧巻のパフォーマンスだけでチームを引っ張る。セルフィッシュだが結果を出す。流川楓やリオネル・メッシに近いかもしれない。リーダーシップが決してあるわけではないが、そのプレーだけでチームを引っ張る。それが平手友梨奈だ。それによる弊害がいくつか発生してはいるが…。

前田敦子もそうだ。彼女も完璧だったわけではない。パフォーマンス面では大島優子。リーダーシップは高橋みなみが担っていた。彼女はグループへの批判を一手に受けていた。AKBというグループの象徴であった。決して彼女が最強で最高だったわけではない。彼女はグループの批判を一手に引き受ける役割を担っていた。センターは彼女なのだ。

だが、この理論は小坂菜緒には当てはまらない。彼女はエースなのだ。エースがセンターになっている。これはグループ初期の采配として正しいことなのだろうか。グループとして軌道にのったあとは、エースがセンターになることは往々にしてあるが、グループ初期でそれは前例がない。

日向坂における不安があるとすればそこだろう。

さらに言うなら日向坂46が成功するにあたって必要なことはセンターを支えるメンバーの存在であるだろう。正直欅坂46ではこれがうまく機能しなかった。平手がまさにアンタッチャブルな存在となり、誰も何も言えなくなった。それでも平手友梨奈の天才的なパフォーマンスで何とかなっているが、砂上の楼閣というやつだ。いつ壊れるか分からない。ほんの些細なキッカケで壊れる。そこが上手く行かず結局平手友梨奈に負担がかかりすぎて彼女は壊れたのだろう。まあ、売り方としてそういうふうに見せているだけかもしれないが。

さらに言うなら力の一点集中は周りのメンバーにデメリットを及ぼす。組織として力の一点集中は望ましいものじゃない。力が1人に集中して素晴らしいとなるのはジャンプの世界だけだ。基本的には機会は平等に与えられ、定量的に評価され、頑張った分だけ自分に反映されるのが正しい組織の在り方だ。欅坂はそこのバランスが悪く、様々なメンバーをそのせいで失った。

全盛期のAKB、少し前までの乃木坂はそこが上手くバランスが取れていた。神セブンと呼ばれたメンバーたち。乃木坂で言えば、御三家に加え、齋藤飛鳥や生田絵梨花の存在。センターであった生駒里奈を支えるのに十分なメンバーがいたのだ。結局ルフィだけでは海賊王になれないし、ナルトだけでも火影にはなれないのだ。

日向坂に必要なのはそういう存在だ。日向坂はその存在があると考える。チームを取りまとめるリーダーシップを持つ、佐々木久美。年長者であり、パフォーマンス力も高い齊藤京子や加藤史帆。リーダーという気質ではないが、グループのママである井口眞緒。高いパフォーマンススキルとけやき坂時代にセンター経験を持つ佐々木美玲。さらに小坂菜緒は平手友梨奈のように孤独ではない。そう見せる必要もない。松田好花や渡邊美穂など2期生とも仲が良い。

運営はそのような事実も考慮して彼女、小坂菜緒をセンターに抜擢したのではないだろうか。

これまでのグループと少し違う形の挑戦になるかもしれないが、彼女が日向坂46を代表するセンターであり、エースであるという新たな坂道グループの形を作ってくれると信じている。ハッピーオーラ!

https://twitter.com/lagunatenbosch/status/1104946598902026241


P.S

くそ真面目な記事ですが最後まで読んでくださった方はありがとうございました笑

今後日向坂のライブなどにも積極的に参戦しようと思っておりますのでTwitterなどで絡んでくれればありがたいです。