OCEAN TOKYO 実際どうなの? 口コミ、感想。 三科さんってあんまり上手くないのでは…。

どーもライターのはなまるです。

今回も長く通ってる僕だからこそ書けるオーシャンの悪いと思うところも書いていこうかなと。

オーシャン歴かれこれ4年ぐらいに突入する俺氏。2週間先ぐらいなら余裕で高木さんの予約が取れていた時代が懐かしい。今や人間版シュプリーム、生ける嵐のチケットと化した高木琢也氏。

もはや手動でホットペッパーをポチるだけじゃ予約取れる気がしねえ。どーせ、ガバガバセキュリティーなんだろうからbot買って総アタックが一番効率いいんじゃねえかとまで思えてきた。とは言え、ホットペッパーのバックにはかのリクルートさんがついているので一瞬で対策されそうなので止めておく。

あれですね。やっぱ触れるべきは値上げ。驚きの料金が高木さんは12000円。三科さんは10000円。1000円カットなら1年分髪を切れる。うまい棒なら1200本。1日3本計算なら1年余裕で生活できるレベル。

さて、どーせホットペッパーやら他のサイトの口コミにはオーシャンのいいところしか書いてないんだろ?そういうところだぞホットペッパー。大手企業の悪いところは札束で意見を捏造できるところだぞ。仕組み自体は画期的なんだけどな。

さて、ということで嘘をつくという機能が脳みそと声帯から撤去されている俺が、オーシャンについての本音を書いてあげよう。ちなみにだが、オーシャンに通いつめすぎてカードは四枚目に突入してる。

とは言っても全員に切ってもらったことがあるわけじゃないし、切ってもらったことのない人を書くわけにはいかないので、ひとまず俺が切ってもらったことのある回数の多いランキング1位2位のお二人をご紹介。

高木琢也さん

みなさんご存知高木さんですね。イメージカラーは赤。最近はトメ吉さんの件があって、あまりインスタでも楽しそうにしているところを見かけないけど、本業が美容師なのか、インスタグラマーなのか、ヤンキーなのか分からない男。

川谷絵音の職業がミュージシャンなのかツイッタラーなのか分からないのと同じ。

ホントに仕事してるのかと思ったり思わなかったりするものの、オーシャンの美容師の中でこの人の評価は正直めちゃめちゃ高い。橋本環奈を見ても、デブ。新垣結衣に対しても、デカい。という人の欠点を目の皿のようにして探し出す俺を持ってしてもこの人の評価は高い。

もちろん、インスタグラマーな部分もあるから、そこはあんまりやらない方がいいのではとも思いつつああいうブランディング戦略かと納得している。

ちなみに2年ぐらいはこの人に通ってた。途中から急激に予約が取れなくなっていったので諦めて違う人に通い始めた。

①きちんとカウンセリングしてくれる。

意外だけどこれ。いかにも俺様でカッコイイを押し付けてきそうな雰囲気を醸し出しつつ、きちんとカウンセリングをしてくれる。写真だけ見てレッツゴーというパターンはなかった。基本だとは思うんだけど、カウンセリングってのは髪型の設計図を作るみたいな部分だと思ってる。

自分が今後1〜2ヵ月近く付き合っていく髪型を自分のオ◯ニーカットしてくる美容師がいるけど、あれ何なんだよ。お前のかっこいいを俺に押し付けてくるなよ。いいっすね!って何だ。何がイイんだ。この髪型で家まで帰る俺の気持ち考えてみろよってやつ時々いるけど。

特に回転率重視の店だと聞いてこない場合が多い。そこはさすが12,000円取っているだけのことはあってかなり聞いてくれる。俺が結構な回数通ってたってのもあるんだろうけど、毎回聞いてくれたし、これは出来ないけど、これならできるっていう代替案も出してくれるからかなりありがたい。

②話していて面白い。

これに関してはプラマイ両方の面がある。究極なんだけど、話したくないですって人はOCEAN行くなら七五三掛さんか三科さん、雨宮さんあたりをオススメする。ただ、それなりに話したい、仲良くなりたいって人は高木さんでも大丈夫。

あとは一定のイジられることを許容できるメンタルも重要。ちょっとでもイジられるとあまりの激しい怒りに我を忘れて金髪になってナメック星を吹っ飛ばすようなやつは行かない方がいい。プライドがベジータ並みに高いやつも行かない方がいい。

③カットが上手い

結局これ。通ってた1番の理由はこれ。ブラックジャックに死ぬほど金払ってでも診てもらいに行くのも、平手友梨奈が休みまくるけど結局センターやるのも、メッシが全然守備しなくても許されるのも、腕が確かだから。めちゃめちゃカッコイイスタイル作ってる人でも、いざ行ってみると微妙な髪型にされたりする。

有名ってだけどすごくないみたいな。ミスターサタンみたいな美容師っている。ほら、誰とは言わないけど。

でもこの人は実際にカッコよくしてくれる。確かにOCEANがやってることに対して恥ずかしいとか痛いとか、そういう批判ってあると思う。まあ、俺もPVとかについてはどうなんだろうなと思うことは多々ある。でも、結局上手い。そういうこと。

この人が上がってこれた理由はある意味”ただ”上手いから。

「何やってんだよw」みたいな感じで叩く人はいても「下手」って叩く人はいない。つまりはそういうことなんだと思う。現状、かなり予約は取れないけど時々予約が空いてないかホットペッパーを回遊することもある。

普通にこの人の予約が安定してできるなら、毎回俺はこの人に通うと思う。イニエスタを連れて行ってもイケメンにしそうなぐらいの雰囲気がこの人にはある。

三科光平さん

現状メンズだと日本一有名な美容師。イケメンだし。うん。

う~ん、ただ俺の三科さんの評価って高くないんですよね…。別にイケメンすぎて嫉妬してるとかそんなんじゃない。正直、嫉妬とか通りすぎてるレベルのイケメン。別にチームにメッシぐらい上手いやつがいたら嫉妬とかしないだろ。もう、ただすごいって思うだけ。それと同じ。

なんで評価が高くないかっていうのはシンプル。5回行ったけど、どんどんテキトーになったから。いや、なってない。とかそういう話じゃない。こういう商売をする上で大事なのは、自分がどう思ったとか他人がどう思ったかじゃない。

お客さん自体がどう思ったか。つまり、俺は三科光平という美容師に通ってテキトーになっていったと思った。それが事実。

あと切られたあとにめっちゃ後悔した。

①話さなくてよい

三科さん唯一のプラス面かもしれない。何事にもプラスの面というのは存在する。原子の中にもプラスとマイナスがあるぐらいなんだから人間には当然ある。

切られてる時は静かにしてもらいたいとかそういう人はぴったり。ほぼ振らないと話しかけてこない。ただ、話したいという人はもう、スマホにでも質問したいことでもメモって話せばいい。会話ではない面談だけど。

自分でもコミュ力無いみたいな話をしてるけど、まあ、多分だけど話しかける気はそんなにない。話されたら話すぐらいの感じ。ただ、オーシャンの爆音BGMにかき消されることもあるから注意。

②カウンセリングテキトー

もうこれ。この一点。要約すると毛先をカッスカスにされた。うん。まあ、俺のオーダーの仕方も悪かったから、三科さんだけの責任じゃ無い。軽く絶対にしないでください。軽くされたら原宿店から飛び降りますぐらいの気持ちで主張を強くするべきだったのかもしれない。

割と長く通ってたから俺の悩みをわかっているものだと思って、強く言わなかったんだけど、まさか…。この軽くされた事件でイエローカードで、次のパーマで事故った事件を受けて俺は完全に三科さんではなく、他の人への浮気を決意した。

③カット技術

そりゃあ、あれだけ偉そうに教えるってことはそれなりに上手いんだろうとは思う。でもな、別に美容学生に切られようと地元のおばちゃんに切られようと、原宿の美容師に切られようとお客さんがどう思うかってわけよ。極論、原宿の美容師が見て、カットラインガッタガタでもお客さんがカッコイイって思えば、そっちの方がいいわけよ。

パーマ巻く時でもただ、「イイ感じだね」というわけわからん言葉をいうだけで1ミリもロッドを巻こうとしない人よりも、忙しい中時間作って自分でロッド巻いてくれるような陽介さんみたいなタイプの方が俺は好きなわけよ。

三科さんのネガキャンみたいになったけど、まあうちの家訓で「嘘はつくな」っていうのがあるから本音を書いただけ。

ただ、唯一揺るがない事実は三科さんの顔面はマジでカッコイイ。築30年を経過しようとしてるのにマジでイケメンすぎてつらい。鏡で俺の顔面と並んだ時の劣等感やばい。

まあでも、ちゃんとお客さんに向かい合ってる美容師だったり、カッコいいっていう感性が合う美容師を見つけた方がいいと思うよ。あとはカウンセリングがちゃんとしてる美容師。

↓OCEANで使われてるアイロン。ふつうのレディースものより小さくてメンズ向き。

↓たまたまアマゾンで見つけたのOCEANで使われてるフローディアのシャンプー。ガチでセットしやすくなる。

総括

ちなみにだけど、大阪店の代表の井出さん以外はみんなに切ってもらったことがある。

正直に上手かった順に並べると

高木さん≧七五三掛さん≧雨宮さん≧≧≧≧三科さん

ぐらい。三科さんは回数を重ねるごとに評価が落ちていって切られすぎた事件とパーマ事件でもう行かないと決めた。(※俺のオーダーの仕方が悪かったのもあります)

ただ、しっかりオーダーすれば大丈夫かと。知らんけど。

高木さんとトメ吉さんに関しては結構グイグイ話しかけてきて、いわゆるオーシャンっぽいチャラい感じが前面に出ているので苦手な方は注意な。

あと、パーマとカラーに関しては注意。関与しないスタイリストは本当に言葉をかけるだけ。「いい感じだね」←何がやねん。

高木さんはパーマを巻く作業をやってもらったことあるけど、三科さんは全く関与しませんでした。七五三掛さんはちょろっと巻いたぐらいですね。

仕上げもスタイリストによって差がある。アシスタントの方にセットしてもらったあと、高木さんは崩しまくって結局最初からセットしてくれたりも。アシスタントの立場。三科さんはスプレーかけて終わりみたいな感じ。トメ吉は席である程度やってた。

ただ皆さんベースはアシスタントが作るからそこは留意。仲良くなれば知らんが…。

三科さんディスりみたいになってますけど、そんなことないとフォローしとく。たぶん、デカイ美容院はそんなもん。

あと、俺と三科さんの信頼関係の構築が上手くいってない可能性が高い。

ぜひぜひ、OCEAN TOKYO行ってみてください。僕のおすすめは高木琢也さんですよ。