日向坂と東方神起がFNSうたの夏祭りでコラボすることが決まったわけですが。

どーも、ライターのはなまるです。

つい最近、FNSうたの夏祭りで日向坂と東方神起がコラボすることが決定しました。いや、たまらんね。全然毛色は違うけど、自分の好きなものがコラボするのは嬉しい。ラーメンとフレンチトースト一緒に出てきたみたいな。いや、あれね。別に変な意味じゃなくて俺が好きな食べ物を2つ並べただけ。果たして、化学変化は起きるのだろうか

5人の頃からの東方神起の大ファン

実は東方神起が5人の時から大好きな俺。少女時代とかKARAが日本で全盛期だったころの大ファンでK-POP大好きすぎて、自宅でキムチを栽培してた。もちろん嘘。ちなみに辛いものは苦手。BIGBANGTWICEBTSも好き。それ以外はあんまり好きじゃないというか知らないけど。東方神起が5人の時に一番好きだったのはジェジュン。今ではなんかちょっとオカマっぽくなってしまったジェジュンだけど、昔はもっとこう爽やかな青年で俺のストライクゾーンにハマってた。今思えばマッシュの原型は彼の髪型だったのではと思う。

すったもんだがあって5人から2人になってしまった東方神起。数にして半分以下。なんなら抜けた3人の方が東方神起。戦隊モノで言えば、赤、青、緑が抜けた感じ。いや、そもそも5人だったのかよっていう人もいるかもしれない。そんな2000年以降生まれの乳臭いガキどもは、YouTube5人の時の動画探して見て見るといい。マジでジェジュンのカッコ良さにビビり倒して、スマホの画面が割れる。メインボーカルがジェジュンだったから、その中心が抜けてしまったことで曲の感じは5人のときとは打って変わったダンスナンバーが多い。今は今でかっこいいんだけどね。

東方神起のオススメ曲

5人の時の代表曲といえば「どうして君を好きになってしまったんだろう」「Stand by U」「Share the world」なんかだと思う。世間的にはこうだけど個人的には「Love in the ice」「Forever Love」「Bolero」なんかもオススメ。今のゴッリゴリのバッチバチのダンスナンバーじゃなくて、ジェジュンを中心にしたバラードたちが耳と心と子宮を癒してくれる。

 

逆に今の2人になった東方神起の楽曲はカッコよさ重視。まあK–POP全体の流れとしてヒップホップを中心にしてるからその流れも汲んでるんだろうけど。半分以上抜けた上にメインボーカル奪われても、ここまでカムバックしたチャンミンとユンホ半端ねえ。ユンホに関しては置いておいて、チャンミンのハイトーンはかなり魅力的。

日本人に刺さるかどうかで言えば、ジェジュンの声の方が刺さるんだろうけど別にチャンミンは下手ってわけじゃない。ユンホはキムチの壺の中にでもおいておいてくれ。チャンミンってどっちだよって思ったやつ。ヒントはフィリピン人っぽい方。韓国人っぽい方がユンホ。日本語はかなり上達してるんだけど、自己紹介の名前のところだけやたら早いから聞き取れないって人いるかもしれないから一応紹介しとく。

果たして我らが井口眞緒の出番はあるのだろうか…

まあ、ここまでが前書き。つまり、わかっていただけるだろうか。2人の東方神起とコラボするということはバリバリのダンスナンバーを踊るということ。井口がヤバイ。全員参加じゃないのかもしれないけど。井口がヤバイ。俺が井口の立場だったら、前日に冷房をフル稼働させて全裸になって氷水をがぶ飲みする。そして風邪を引いて寝込む。当日は休む。

いや、無理だよ。誰よりも高く飛べとかぐらいでもう天井見えてるダンススキルで東方神起は無理だろ。何なら前ならえとかですら不器用そうな井口。小学生に東大の入試問題解かせるみたいな世界線だよ。ついこないだも生放送でやらかしたのを忘れたのかよ。茫然自失になって東方神起の2人を見ながら3テンポぐらい遅れて踊り始める井口ママの姿が眼に浮かぶようだよ。南海トラフよりも確実に起こりうる未来だよ。

さて、井口が踊るかどうかが心配すぎて、昨日の夜は8時間しか寝れてないし、飯も3食しか食えてない。もちろん、運営が有能ならダンスのできるメンバーだけを選抜して参加させるんだろうけど、みんな仲良し日向坂を演出するんなら全員を出演させなければならない。そうなった場合、小坂菜緒より松田好花より先に井口眞緒が世間に見つかってしまう。否、日本だけでなく韓国にも見つかってしまう可能性がある。そうなった場合、全世界にも知られる恐れがある。

コリアンアイドルはダンススキルが異常に高い。デビューするまでにありえないぐらいの訓練を積んだエリート集団だ。それに比べてジャパニーズアイドルはむしろ素人っぽさを売りにしている。ぽさっていうかもうダンスと歌唱力に関しては素人だよ。経験がありますっていう程度よ。サイヤ人か地球人かってぐらいに土台が違う。もちろんどっちが好きかってのは別の問題だし、本格的なダンスと歌が見たいならあれだよ、シルク・ド・ソレイユでも見に行って、その帰りにさらっとオペラ座によってオペラ聴いて帰れって思う。

その中でもさらに特殊な井口眞緒さん。ステ振りがめちゃくちゃ極端。ドラクエ8でひたすらタンバリンを叩き続けるククールが如く、役割が極端。マシンガントークとはよく言ったもの。マシンガン、ガトリング、アサルトライフルもう何でもいい。マジでトークに全振りしたアイドル。ぶっちゃけ、井口以外の日向坂のメンバーが束になっても井口のワンパンで沈むレベルのトーク力。マシンガンで日向坂を蜂の巣にできる。歌唱力、ダンススキルなどというステータスは彼女の辞書の中に存在しない。辞書という表現は辞書に失礼かもしれない。彼女のメモ用紙にはそんな言葉は存在しない。

当日が不安すぎる。生でパフォーマンスを見て、その次に井口を見るためにもう一度録画を見る。

ぜひとも見逃さないようにしてもらいたい。

以上