メンズにオススメの最強ヘアアイロンとついでにコテを紹介する

どーも、ライターのはなまるです。

いやね、これよ。今やメンズの髪型ってアイロン無しだとかなりハードルが高くなってる。もちろん、一時期の超ギャル男のスジ盛りみたいなやつよりは簡単にセットできるんだけどさ、バブルマッシュが一斉を風靡し、さらに美容系YouTuberが増殖した昨今では、おしゃれな男たちはヘアアイロンがマストのアイテムになった。

なんならナチュラルセットでさえ、ヘアアイロンが要求される時代。毛流れを整えるという目的のためだけに使用されるヘアアイロン。ストレートアイロンは性格までひねくれた天然パーマ野郎が髪の毛をまっすぐにするためのアイテムだと思っていた。中学時代にわかりやすいストレートにしていたやつを心の中で大爆笑しながら、クールに見ていた自分を思い出す。

前髪をわかりやすく縮毛強制するためのアイテムだと思っていたストレートアイロンだが、もはやメンズのセットではストレートという言葉は消滅している。ストレートアイロンを使って曲げるという矛盾。日本円でドル。若いおばさん。まさに矛盾。髪の毛をストレートにするためのアイテムは曲げるために使われているのだ。

人間とはそういうものなのだ。正しい使い方が世界を1周する前に、悪い使い方および間違った使い方が世界を7周させるのが人間なのだ。ほら、ダイナマイトとか、核兵器とか、四季報を投げるとか。

ストレートアイロンと名前がついているくせにやっていることは髪の毛を曲げる。波打ち。生えグセを折る。曲げに曲げる。クソほど変化する変化球にストレートナックルとかつけるのと同じだ。

時折ガチのアイロンを持っていない就活生がスーツにアイロンがけするときぐらいにしかまっすぐにすることには使われない。もしくは、性格の捻くれたやつに200℃で押し当てるぐらいだろうか。まあ、それぐらいで性格が矯正されるとは思えないが。

さて、本題に戻りたい。そんな決してストレートにすることに使われることが少ないストレートアイロン否、ヘアアイロン。メンズのオススメを紹介していきたい。とその前に、メンズのヘアアイロンに最低限なければならない機能を紹介しておこう。別にこだわりがない、もしくはセットが上手いor慣れているならドンキに売ってる1000円ぐらいのやつでもまあ別にセットできなくはない。

まあ、あれだ。俺が死ぬほどいいスパイク履いても裸足のボルトに勝てないみたいなもんだ。うまいやつは道具ってそこまで関係ない。特にヘアアイロンなんて極論言えば、120度ぐらいになって、髪の毛挟めれば問題ない。

だが、もちろんいい道具を選ぶことで初心者でもプロに近づけるし、うまいやつはクオリティが安定し、より早くセットできるようになる。

温度調節機能

100200度ぐらいに調整できれば大丈夫。安いやつはまず温度調整ができないし、なんなら何度なのかすら書いてないやつとかある。いや、触って確かめるのは無理だわ。ん~、140℃?。

低温が大切とかいうがこれは正直超絶ダメージ毛とか、クソほどセットが下手なやつの場合。ちなみに200℃とかで長時間熱すると髪の毛が切れるので要注意。外人の女の子が髪の毛切れて号泣してたから気をつけたほうがいい。140ぐらいが普通にちょうどよくセットできる。それでも、剛毛とかの人はもっと上げないといけない場合とかあるから、買ってみて調整できないと買い直しだから最初から振れ幅大きく調整できるアイロンを買おう。

200℃でセットできないやつはもう諦めてパーマかけとけ。

同時にその温度に達したかどうかを教えてくれる機能もいる。ランプの色が変わるとか。それがないとマジで体感温度になる。やっすいやつとかまじでないから。メイドインブラジルみたいなやつ。

プレート横幅

これ意外と重要。鉛筆みたいなやつだとアレだけど、完全な女子向けの広いやつだと、モヒカンとかぐらいのショートが死ぬ。たぶん、頭皮もまっすぐになる。何より楽でカッコいいと大人気の波打ちセットが難しくなるのが、欠点。具体的なサイズでいうのは難しいんだけど、スマホの画面の縦半分ぐらいの横幅が良い。縦幅はあんま関係ない。

回るか否か

これも大事。結局手をひねるとかそういう動作がある分、コードと本体の接続部分がくるくる回らないとすぐに断線するし、なによりコードが絡まってセットしにくい。メイドインドンキの1000円みたいなやつはまず回らない。

まあこんなもんだろ。最低限こんぐらいの機能があることだけは意識してアイロンを選んだ方がいい。さてさて、ここからは具体的な商品の紹介だ。

皆さんご存知最強のワンダムさん

みなさん、ご存知堂々の大人気ワンダムさん。

OCEAN TOKYOで使われてるし、三科さんなどなど色々な美容系YouTuberが使っているヘアアイロン。確かに使いやすい。温度も調節できるし、サイズもちょうどいいし。でもな、高いよ。え、なんでこんな高いの。割引してて8000円超えるってやべえよ。確かにね、その価値はあるよ。でもな。高すぎやしませんか。

もうなんか裏で美容業界からの強烈な圧力をかけられているとしか思えないぐらい推されてるし、高いし。三木電器産業ってなんやねん。アイロン作ってるところはそこしかねえのか。独占されてんじゃねえか。

ワンダムとアドストの二強みたいな感じになってるけど、違うからな。知らないだけだから。今から紹介するのが影のエースだから。

ということでワンダムの素晴らしさは認めつつも、もうちょい価格が抑えられたものをご紹介。

低価格ハイスペックという実は最強のモッズヘアさん

はい。こちらモッズヘアのヘアアイロン。

安いくせに上で紹介したすべての機能を兼ね備える最強のアイロン。ちょいと大きいけど慣れれば全く問題なく扱える。今日はこのアイロンを紹介するためだけにこの記事を書いたと言っても過言ではない。それはね、もちろんワンダムもアドストもいいアイロンだよ。それは俺だって親からの仕送りが月20万あって、バイトで20万稼げるならワンダムかアドスト買うよ。でもさ、ほぼ機能変わらないのに価格安いなら圧倒的にモッズさんですよ。ぜひ買ってみ。安いからダメだったら捨てても、諦めつくから。

正直金がない大学生にはこれ以外はあんまオススメできない。アドストとか2万超えるからなマジで。

むしろモッズ以外紹介する気なくなったのでコテを紹介。

19mmというまさにメンズのショートカット用に作られたとしか思えないコテ。かの有名なヴィダルサスーン。価格もまあまあ。

こりまコテも欲しいなと思い購入。外国人風パーマみたいなグリグリにしたいときに使ってる。とはいえ、ストレートとは全くの別物。いうならばPS4のコントローラーとゲームキューブのコントローラーぐらい違う。同じなのは髪の毛をいじれるという点のみ。最初の10回ぐらいはマジでイラつくが慣れれば、ストレートでは作れないぐるぐる感を作り出すことができる。

逆に思うんだがヴィダルサスーンはこのコテを女の子にどうやって使って欲しかったんだろうか。それぐらいメンズに特化してると思う。

はい。とりまワンダムとアドストが最強という概念は捨てろ。もちろん余裕があるなら買ってもいいけどね。