メンズ脱毛の痛みについて教えてやるよ

はいどーも、ライターのはなまるです。

もう、34ヶ月もすれば夏がやってくる。レゲエ、砂浜、ビッグウェーブだよ。

もしかして、お前らムダ毛だらけで真夏のイベントに参加するつもりか?止めとけ。首から下の毛なんてありとあらゆる場面で必要ないから。イチゴのヘタ並みに必要ない。料理に飾られてるパセリよりいらない。

なんならない方がいい。世の約90パーセントの女性が毛深い男が嫌いとの研究結果もアリソデナカッタ大学の研究で発表されてる。

そこで、本日はメンズ脱毛についてお話ししてやるよ。

メンズ脱毛の痛みは〇〇を押し当てられる痛み

近年、メンズの需要が高まってきているレーザー脱毛。種類は医療脱毛や光脱毛と言われる2種類がある。

実はね、俺は通ってるんですよ。脱毛に。んでね、本日はみなさんが気になってる痛みってものを紹介していきたいと思う。

もちろん、価格とか効果とかそういうのが気になる人もいると思う。そこにも言及をしていく。

ガチで話すと痛みはヤバイ。よく聞くのは「輪ゴムで弾かれたような痛み」。おい、オブラートに包みすぎだろ。もうオブラートどころか防弾ガラスか何かで守られてる。

あの痛みを「輪ゴムで弾かれた」ような痛みとしか表現できないような脳内のボキャブラリーが南アフリカ並みに貧困なことに哀れさすら感じる。あんまり痛いっていうと客が来ないと思って優しく言ってるだろ。オブラート500枚ぐらいにに包み込んでるやつは絶対業者の回し者。

しかしながら、嘘をつけない性分の俺、まさに誠実さに手足が生えているような俺、全身に誠実さが張り付いているような俺にはあの痛みを「輪ゴムで弾かれる」ような痛みとはすることはできない。

この記事を発見してくれた素晴らしい利用者のためにも俺が完璧にあの痛みを言語化してみせよう。俺のライターとしてのプロ意識を見せてやろう。

「ヘアアイロンを押し当てられてる痛み」

これ。正解はこれ。ヘアアイロンがわからないやつにはハンダゴテでもいい。高音に熱したフライパンでもいい。

絶対に正解はこれ。

とは言ってもね、全身がこの痛みなわけじゃない。全身がこの痛みだったらおそらく全身麻酔の施術がありとあらゆるサロンに導入されていることだろう。

一番痛い口下のヒゲとかがこの痛み。腕とかは「コーヒー缶を転がされてる」ぐらいの痛み、というか暖かさ。肘とかはちょい熱ってなることもある。

自分がVIOをやってるわけじゃなくて、ヒゲとか腕、足だからVIOに関しては何も言えない。でも、ネットでの噂を聞く限り、大体ヒゲと同じ痛みと聞くのでやったら多分死ぬと思う。

考えてもみろ。メンズのもっとも守備力の薄いところに加熱されたフライパンを押し当てられるんだ。よくて号泣。最悪失神。絶対やばい。

しかしながら、科学の進歩は凄まじい。世の技術者には足を向けて寝られない。

麻酔という技術が大体医療脱毛を取り扱うサロンのどこにもある。とはいっても、手術をするときに使うようなものではなく、大体塗る麻酔や吸い込むタイプの麻酔。

まあ、痛覚を遮断できる俺は使ったことないけどね。

実際に受けてみての感想

ちなみに、俺は2種類のレーザー脱毛を受けた経験がある。医療脱毛とSHR脱毛。

医療脱毛はみなさんご存知の有名なやつ。強烈な痛み+高い効果+高い値段。SHR脱毛は最近できた技術。痛みは少ない+まあまあ効果+安価。

医療脱毛で行ったことあるのはみなさんご存知。ゴリラ脱毛。ヒゲだけ行ってみた。痛いとか大丈夫だろって思って麻酔なしで突入したら、熱したフライパン押し当てられた。

俺「出力最大でおなしゃす」

看護師「はい」

試し打ちバチッ!

俺「すいません、最低の威力でおなしゃす」

すぐさまUターンした。桃太郎が桃の状態のまま鬼ヶ島に流れ着いた感じだ。まだレベルが足りなかった。痛すぎる。あれはやばい。施術終了後ふつーに涙目になった。

確かにめちゃめちゃ痛いとは書いたけど、ヒゲは部分が狭いし、個人的にそこまで濃い方ではないから時間が短い分麻酔なしでもなんとかなる。ただ、頬までヒゲがびっしりみたいな人はあれ拷問だと思う。麻酔は絶対必要。

でもね、医療脱毛の問題って値段設定なんだよ。ツルツルとかそのレベルまで行こうとすると510回近くは必要になる。

経済的に余裕のある高所得者やボンボン、宝くじに当たった残りの人生にもう運が残ってない人たちは医療脱毛が正解。60100万近い出費をまるでコンビニでからあげクンを買うように出せるなら医療脱毛の方が絶対にいい。

効果がわかりやすいし、何より医師が担当してくれるのが心強い。

だがしかし、如何せん高い。学生やら若い社会人がやろうと思うには100万は高すぎる。部位を絞っても20万。大学生がポンと出すには高すぎる。

学生ローンはまじで闇だから止めとけ。それでいなくなった友達を数人知ってるから。

SHR脱毛

次はSHR脱毛。詳細は調べてくれ。

わかったよ。一応ライターだからな。多少のプロ意識はあるわけ。軽く触れよう。って言ってもたぶん、SHR脱毛より織田信長の方が長くかける気がする。

SHR脱毛っていうのは、毛穴の奥の奥を200度近い高温で焼き払う従来の技術と違って、毛穴のちょい奥にあるバルジ領域って部分を70度ぐらいで焼く脱毛方法のこと。いわゆる光脱毛に分類される技術。

要約すれば、痛みがかなり少なく脱毛できて、素早く完了できる技術。とまあこれだけ書けば医療脱毛にするメリットが医者が関与するぐらいしかなくなるけど、もちろん、このSHR脱毛にもデメリットはある。

効果がすぐにでない。

医療脱毛のいわゆるYAGレーザーやアレキサンドライトレーザーとかは施術後3日とかでスルッと毛が抜ける。でもSHR脱毛は2週間とかそれぐらい経たないと抜けない。

威力を落としてるから当然のことなんだけど。従来の脱毛がバズーカなら、SHR脱毛はアサルトライフル。1発が強力ではないけど、連射できるし小回りがきく。

ちなみに痛み。なんだけど、確かに痛くはない。ただ、あくまで医療脱毛に比べてという程度。正直、鼻下のヒゲは痛い。ただ、麻酔なしでまあ耐えれる。涙目にはなるけどな。

全くの無痛を想像してるなら止めといた方がいい。ヤムチャは弱いけど地球人なら最強クラスみたいなもん。医療脱毛はもうサイヤ人だから別格だけどかといってSHR脱毛が全く痛くないなんてことはない。

痛いのはヒゲだけで、足とか腕はあったかい。母の胸に抱かれていうかのような温もり。普通に寝れる。

問題は効果。あんまり痛くなくても効果が薄いなら意味がない。そらそうよ。結局は抜けないと意味がない。痛みを軽減することに労力を注ぎすぎて、肝心の脱毛効果が落ちたら本末転倒。

腕と足は1発目から効果を感じる。普通にそんな生えてこなくなる。1週間とか剃らなくても全然トゥルトゥル。

ヒゲは5回ぐらいはやらないと感じられないかも。ただ、確実に薄くなる。髭剃りは楽になった。ただ、まあまあ痛いのが欠点。医療脱毛に比べれば全然マシだけどな。数学と算数ぐらい違う。

何よりデカイのは価格。安いところを探せば、光脱毛ということもあり全身20万ぐらいでいける。一部位にそれぐらいかかる医療脱毛よりは全然安い。

実際に行ってみたオススメサロン

ここなんかは、ローンじゃなくて都度払いだからかなり楽。

まあ、でもやっぱりオススメはゴリラかメンズキレイモ。

この2つは特に芸能人が使ってるっていうのも大きい。本サイトで幾度となく取り上げている三科光平もゴリラクリニックに通っている。Youtuberのないとーやはじめしゃちょーなんかが行ってたのもここ。SHR脱毛のマシンと医療脱毛のマシン両方が置いてあるのもありがたい。

メンズキレイモは今50%OFFっていうキャンペーンをやってるからかなり安い。

夏に備えて、今から脱毛始めようぜ。腕とか足はほぼ痛みなしでできるからかなりオススメ。ヒゲは個人差あるだろうし、生やしたい人もいるだろうから別だけど、濃い人は絶対やった方がいい。朝が楽になるし、ヒゲが減っていくと嬉しくなる。

次の目標はVIOをトゥルトゥルにすることです。